【ポイ活初心者ガイド】ポイント交換の注意点を徹底解説

ポイントサイトなどポイ活で貯めたポイントは、現金や電子マネー、ギフトコードなどに交換して初めて価値が生まれます。(そのまま商品などに交換できるポイントもあります)

ポイ活をしていて1番ワクワクする瞬間です。

交換先も豊富にあるのも魅力で、私は現金化するか、そのままお買い物に使える楽天スーパーポイントかTポイントによく交換しています。

ここでは、そんなポイント交換時の最低限知っておくべき注意点と具体的な交換方法を紹介します。

豊富なポイント交換先

まず、ポイントサイトの交換先には、大きく分けて以下の6つのカテゴリーがあります。

交換先種別交換先例
現金都市銀行
ゆうちょ銀行
ネットバンク
電子マネー 楽天Edy
WebMoney
etc.
ギフトコード Amazonギフト
iTunesギフトコード
GooglePlayギフトコード
nanacoギフト
etc.
他ポイント 楽天スーパーポイント
Tポイント
dポイント
LINEポイント
ANA/JALマイル
etc.
仮想通貨 bitFlyer
BitCash
etc.
寄付 CloudFund
各種ポイント募金

ポイントサイトの特徴は、現金や電子マネーなど交換先が豊富な点にあります。

コンビニや交通系カード、クレジットカードのポイントは交換先が少なかったり、そのサービス内でしかポイントを利用することができません。

使い道が自由にあるのが、ポイ活の魅力の1つです。

最低限覚えておくポイント交換の注意点

ポイント交換手数料

ポイント交換する際には、交換先により異なりますが、基本的に手数料がかかります。※交換手数料が全て無料のサイトもあります。

ちなみに、手数料がかかる場合は、自分の保有ポイントから差し引かれることになります。

手数料のイメージ

例えば
現金化の手数料が100pt(100円)のポイントサイトで、1,000pt(1,000円分)を現金(銀行口座)に交換する場合
手数料は、保有ポイントから支払われます。
つまり、実質1,100pt以上保有していないと交換できません。

保有ポイント:2,000pt
交換ポイント:1,000pt
交換手数料:  100pt
ーーーーーーーーーー
残ポイント:900pt

手数料を払うのはバカらしい!と思う方は、交換手数料が全て無料のポイントサイトをメインで使うというのも賢い選択です。

例えば、ポイントタウンやハピタスは全ての交換先で手数料が無料です。どちらも案件数が豊富にあり還元率も高いのでオススメのポイントサイトです。

ポイントサイト 交換手数料
pointtown001
ポイントタウン
全て無料
ハピタス
ハピタス
全て無料
モッピー
モッピー
一部無料
※現金化する場合、1回30円〜
マクロミル
マクロミル
全て無料
gendama002
げん玉
月一回だけ無料
ポトラ(Potora)
ポトラ(Potora)
一部無料
※現金化する場合、1回100円
お財布.com
お財布.com
一部無料
※現金化する場合、1回80円〜

colleee(コリー)
一部無料
※現金化する場合、1回100円〜
GetMoney(げっとま)の詳細レビュー
GetMoney
全て無料
リアルワールド
リアルワールド
※げん玉と共通

ポイント交換上限

ポイントサイトによっては、月の交換上限を設けているサイトがあります。

ポイ活初心者の方はあまり気にしなくて良いレベルですが、友達紹介制度などで月に万円単位で稼ぐようになると注意が必要です。

サイト側も稼ぎすぎる人を抑制する狙いもあるのかと思います。

ポイントサイト 交換上限
pointtown001
ポイントタウン
なし
ハピタス
ハピタス
月に3万円まで
モッピー
モッピー
なし
マクロミル
マクロミル
なし
gendama002
げん玉
1日に1万円まで
ポトラ(Potora)
ポトラ(Potora)
1回に10万円まで
お財布.com
お財布.com
なし

colleee(コリー)
月に5万円まで
GetMoney(げっとま)の詳細レビュー
GetMoney
なし
リアルワールド
リアルワールド
※げん玉と共通

特にハピタスは、還元率が高くとても稼ぎやすいサイトで、私もお買い物のメインで使用しているポイントサイトですが、交換上限が低く設定されています。

多く稼ぐと交換しきれないという、嬉しい悩みを抱えることになります。

具体的な交換方法

最後に、がんばって貯めたポイントをどうすれば交換できるのか、具体的な手順と合わせて紹介したいと思います。

ポイントを交換するための条件は以下の感じ。

ポイント交換の条件

  • 交換先の最低交換額に達していること
  • 現金や電子マネー、その他ポイントの場合、交換先にアカウントがあること
    ※現金化なら自分の銀行口座

では、具体的な手順ということで、今回ポイントタウンで貯めたポイントを楽天スーパーポイントに交換してみました。

その他の交換先も手順は同じです。

1.ポイント交換ページへ移動

下段メニューバーの「ポイント交換」を選択します。

ポイントタウン ポイント交換方法

2.ポイント交換先を選択

交換先の一覧ページに移動するので、交換先を選択します。

今回は楽天スーパーポイントを選びます。

ポイントタウン ポイント交換方法

ポイントタウンでは交換レートアップキャンペーンを不定期開催しています。今回、楽天スーパーポイントに交換すると5%お得に交換することができます。(100円分→1,900pt、500円分→9,500pt)

ポイントタウン ポイント交換方法

3.秘密の質問の回答

本人確認のため、登録している秘密の質問に対する回答を入力します。

ポイントタウン ポイント交換方法

認証方法はサイトにより異なります。細かくは以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

4.パスワードと交換先情報の入力

会員パスワードと交換先情報を入力します。

交換先情報は今回の場合、自分の楽天スーパーポイント口座番号になります。

ポイントタウン ポイント交換方法

5.交換ポイント数の入力

続いて交換するポイント数を入力します。

ポイントタウンの交換まとめ

楽天スーパーポイントの場合

  • 最低交換額:1円(=20pt)
  • 交換手数料:無料(全交換先で)
  • 交換上限:なし

ちなみに期間限定の交換レートアップキャンペーン中なので、19pt=1円分となります。(通常は20pt=1円分)

最後に「交換申請をする」を選択します。

ポイントタウン ポイント交換方法

6.交換完了

これで交換完了となります。

実際に楽天スーパーポイントに振り込まれるのは、数日から1週間ほどかかります。

ポイントタウン ポイント交換方法

後日、振込が完了すると楽天のポイント通帳に以下のように記載されます。

ポイントタウン ポイント交換方法

まとめ

ポイントサイトの交換について、初心者の方が最低限知っておくべき注意点を紹介しました。

交換手数料がかかるポイントサイト、全て無料のポイントサイトがあるということを知っておきましょう。

また、別記事で解説していますが、ポイントには有効期限が設けられているので、注意が必要です。

ポイ活初心者の方は、まずは最低交換額を目指しがんばっていきましょう。