image

先日、私のiPhone6が故障してしまいました。

スマートフォンは、スキマ時間副業の生命線でもあるので一大事です。

故障してから修復するまでの流れと、やってて助かった対策をまとめてみました。

周りでもよくiPhoneの画面にヒビが入ってしまっている方をよく見かけます。

故障してからでは遅いので、以下の対策をまだしていない方は極力しておくことをおススメします。なんと言っても、何もサポートに入っていないとiPhoneは修理代がかなり高額になるので。

2016/9/8に改訂された最新の修理費とAppleCare+の価格については以下の記事を参考にしてみてください。
どっちがお得?AppleCare+修理費を徹底比較

iPhone6の故障から修理まで

image

Touch IDが故障

指紋認証をするTouch IDが突然反応しなくなりました。指をい置いても認証エラーも何も表示されず全くの反応なしの状態です。

設定からTouch IDを再設定しようにも「Touch IDを使用」は失敗しましたとなり、指紋の追加登録もグレーアウトで出来ない状態。

また、それとの関連は最後まで不明でしたが、Touch IDが反応しなくなった日から電池の消費がそれまでの5倍くらいに跳ね上がりました。

1日で50%もいかなかったのが半日で0%になる勢い、Touch IDが反応しないだけであればさほど影響も無かったのですが、電池の消費が異常だったので即修理に行きました。

30分弱で交換修理完了

たまたま、職場の近くにアップル製品の修理を行っているクイックガレージがあったので仕事終わりに直行しました。

アップル製品の修理はAppleStoreかアップルの正規プロバイダ(クイックガレージ、ビックカメラなど大手家電屋さんなど)で扱っています。携帯電話会社や正規プロバイダ以外では修理を受け付けていないのでご注意ください。

クイックガレージの店員さん曰く、Touch IDを設定しているにもかかわらず指を置いても何も反応がないのは故障ですとのことでした。それ以前に私のiPhoneは画面にひび割れ(使用上問題ないとても小さな)がある時点で交換です、と言われました。

クイックガレージの店員さんの対応も素早く、30分弱で交換完了、新品のiPhone6になって戻ってきました。iCloudからのバックアップ戻しも分かりやすい説明書をもらい無事復旧完了。

故障前と同じ状態で使えるようになりました。

修理費用は、AppleCareに入っていたおかげでその場で8,000円弱を支払い。キャリア(携帯電話会社)のサポートにも入っていたので、掛かった費用分を後日キャリアが負担してくれるので修理代金は0円で済みました。

いざと言うとき助かるiPhone6故障対策

私は、スマートフォンは毎日持ち歩き使用頻度も高いので、故障は付き物だと割り切り各種保障に入ることにしています。故障した際の代償の方が大きいので。

また、最低限出来る対策としてケースと保護フィルムは張るようにしています。

入ってて良かったAppleCareとキャリアのサポート

AppleCareは月額で400円ほど掛かります。入っておくと画面割れなどで交換が必要な場合、通常1〜2万円ほど掛かる費用が8,000円ほどで済みます。

さらにキャリア(携帯電話会社)のサポートに入っておくと、掛かった費用を後日負担してくれます。auだとauスマートパスがそれにあたります。上限が1万円までなので、今回私の修理代金は全額負担してくれます。

サポートは月額費用が掛かりますが、いざ故障した際にとても助かります。故障しなければそれまでですが、毎日持ち歩き2年以上は使うことを考えれば故障のリスクはかなり高いと思います。

私がそうでしたが、2回以上iPhoneを破損したことがある方は以下オススメです。
>2回以上iPhone破損したことある方はお得!入ってて良かったAppleCare+とauスマートパス

正規修理が受けれない場合

AppleCareには入っていなかったり保証期間が過ぎているなど、正規の修理が受けれない、修理をとにかく急いでいる場合、正規のプロバイダ以外でもiPhoneの修理を行っています。

街中でもよく修理屋を見かけると思いますが、非正規の修理を出す場合以下に注意が必要です。

  • 今後iPhoneの正規修理を受けることができなくなる可能性が高い
  • 交換部品は非正規品となる

特に格安の修理店では中国製など粗悪なパーツを使用している場合も多く修理後またすぐ壊れたといったこともあり、注意が必要です。